ホーム > 桜友会の本部活動 > マラソン川内優輝 2時間20分切るレース100回で世界記録申請へ

マラソン川内優輝 2時間20分切るレース100回で世界記録申請へ

山口県で行われた防府読売マラソン(2020年12月20日)に、公務員ランナーからプロに転向して活動している川内優輝選手(33才、あいおいニッセイ同和損保、平21政)が出場し、2時間10分26秒のタイム「サブ20」で2位になりました。
川内選手はフルマラソンで2時間20分を切るレースがこれで100回目となり、ギネス世界記録に申請されることになりました。(NHKニュースより)
※サブ20 2時間20分以内でフルマラソンを走りきること。

カテゴリー: 桜友会の本部活動 タグ: