学習院寮歌 大瀛の水

btn_wmpdaieinomizu

sakura_insignia_26px_color伊達 九郎
(改め二荒 芳徳)作詞
小松 耕輔作曲
明治41年(1908)寮歌募集の際の当選作に多少修正。
現在、学習院寮歌として広く知られている。
作詞は当時高等科学生であった伊達九郎(改め二荒芳徳)

大瀛(たいえい)の水精こりて

ここ敷島のもとかたく

桜の露の濃(こまや)かに

染めて朝日の色あかし

春桃源の夢さめて

知りぬ東亜の風の音

思え神代の昔より

天津日嗣(あまつひつぎ)の高御座(たかみくら)

まぢかき玉の階(きざはし)に

匂ふ左近の桜花

折りてかざしに賜ひけむ

院の章(しるし)の尊さを

皇城の北目白台

芙蓉八朶(はちだ)の秀麗を

窓に含める六寮(りくりょう)の

健児三百雄々しくも

朝な夕なに競ひつつ

高き理想をたどるなり

稜威(みいづ)ふたたび海外に

照り輝きて波風は

暫し音なくなぎぬれど

見よ東洋の雲のさま

天上月は清けれど

影の波間にたゆたふを

セーヌの月に露光る

百合に美妙の香あり

テムスの岸の花薔薇(はなそうび)

朝な朝なに新たなり

世は進むなり日に月に

夢路に人はある時も

仰がざらめや天皇(すめらぎ)の

自彊(じきょう)息(や)まずのみことのり

嗚呼(ああ)我友よ雨露の

恵みも深き君が代に

咲きて国士の華たらん

目白の春の雲の如