会長からのご挨拶 ~秋の行事に向けて

秋の行事に向けてPresident_higashisono1.jpg

酷暑も去り秋の気配を感じるようになりましたが、皆様には如何お過ごしでしょうか。

5月28日に発足した新体制は各委員会メンバーの委嘱が完了し、本部活動が本格的に始動しました。新役員の方々がそれぞれの活動に積極的に関わって下さることを大いに期待するとともに、会員各位には様々な行事をお楽しみ頂ければと思います。今後の予定は、

9月16日に第50回常陸宮杯ゴルフ大会が、2020年のオリンピック会場となる霞ヶ関カンツリー倶楽部で開催されます。ご参加の皆様がその実力を発揮され楽しい一日をお過ごしいただければと思います。(ご承知の如く、当倶楽部は改装工事に入るため、次回からは会場が変わります)

10月17日の卒業40周年を皮切りに、10月19日卒業50周年、11月7日卒業55周年、2月27日には卒業30周年記念同窓会が予定されております。旧交を温め、同窓の繋がりを深化して頂き、母校への物心両面での支援に関心をもって頂くことを願っております。

12月20日、年末恒例のチャリティービンゴパーティーは会場をホテル・ニュー・オータニに移し開催致します。例年の如く豪華な賞品を用意致します。売り上げの一部を社会貢献に役立てますので、ご家族、ご友人をお誘い併せの上、多数のご参加を願っております。

 

更に、母校支援の一環として12月3日に開催する桜友会特別フォーラムには日本アイ・ビー・エム代表取締役社長ポール与那嶺氏に「日米における私の経験と今後の情報産業の展望」(仮題)として講演を予定しております。平成28年4月に開設の国際社会科学部に象徴される学習院の国際化推進に資する講演になると思います。

 

一方、既に終了した行事の中では、全国支部の方々の活躍を目の当たりにしました。

大分市における学習院公開講演会では支部長はじめ会員の絶大なるご支援があり、400人を超える方々に喜んで頂きました。又、郡山市で開催された福島桜友会では大災害を乗り越え、絆を深める会員諸氏の活動に胸が熱くなるのを覚えました。

夏の全国高校野球大会は東海大相模高校の優勝で幕を閉じましたが、我が学習院高等科は東東京地区予選において1958(昭和33)年以来57年ぶりに、ベスト16(5回戦)にランクされる活躍があり、真に「文武両道」と「勢いのある学習院」を示しくれました。心からの祝福を贈ります。

 

最後になりますが、桜友会発展のために長年に亘りご尽力いただいた顧問の犬養康彦様、黒田長榮様が7月にご逝去されました。心からの哀悼の意を表し、お冥福をお祈りいたします。

2015/9/1

桜友会会長 東園基政(ひがしそのもとまさ)

(昭和36年学習院大学理学部物理学科卒)