金剛石・水は器

btn_wmpkongoseki sakura_insignia_26px_color

昭憲皇太后御歌
奥 好義 作曲
昭憲皇太后より明治20年(1887)3月18日華族女学校「女子学習院」へ賜わる。
女子学習院で奉賀式に奉唱。(この御歌は東京女子高等師範学校
[現・お茶の水女子大]へも賜わっている) 女子中高等科で入学式で歌われている。

<金剛石>

金剛石もみか(が)かすは(ずば)

珠のひかりはそはざ(わざ)らむ(ん)

人もまなひ(び)

てのちにこそ

まことの徳はあらは(わ)るれ

時計のはりのたえまなく

めく(ぐ)るかこ(がご)とく時のまの

日かけを(げお)しみてはけ(げ)みなは(ば)

いかなるわさ(ざ)かならさ(ざ)らむ(ん)

<水は器>

水はうつは(わ)にしたかひ(がい)て

そのさまさ(ざ)まになりぬなり

人はましは(じわ)る友により

よきにあしきにうつるなり

おのれにまさるよき友を

えらひ(び)もとめてもろともに

こころの駒にむちうちて

まなひ(び)の道にすすめかし