修学習業の歌

btn_wmpshugaku

sakura_insignia_26px_color明治天皇勅題詠進歌
奥 好義 作曲
明治天皇より明治33年2月10日に学習院に賜わった勅題詠進歌、
御歌所寄人、中村秋香詠進、雅楽師兼楽師、奥 好義の作曲。
初等科の新年、入学式、天長節、紀元節、明治節の奉賀式に奉唱。

学びの園生(そのう)は広けれど

分け行く道はただ一つ

忠孝仁義(ちゅうこうじんぎ)の教え草

生い茂げりたるおくにこそ

治国安民(ちこくあんみん)のどかなる

春を常盤の花と咲け

努めて至れ道の奥

いたりてかざせその花を

わざのはやしはしげけれど

もみつるいろはみなおなじ

勉励刻苦(べんれいこっく)のつゆしもに

そめつくしたるえだにこそ

富国強兵ゆたかなる

あきのこのみはむすぶなれ

たゆまずあされはやしのうち

あさりてたを(お)れそのえだを