学習院桜友会個人情報保護基本方針

2005年3月31日 (2011年4月1日一部改正)

学習院桜友会会長

 同窓会において、会員および関係者個人の最新かつ正確な情報を確保していくことは、その活動を行っていく上で、不可欠な要素であります。

学習院桜友会および会員(以下、「学習院桜友会」とします)は、一般社団法人学習院桜友会定款の定める活動に当たって、個人の人格尊重の理念の下、個人情報の保護の重要性を深く認識し、以下を基本方針として定め、関連法令、規則の遵守はもとより、個人情報の適切な取り扱いによって、関係者の信頼を確保し、もって学習院桜友会活動と会員相互の親睦、母校のさらなる発展を期すものといたします。

1.学習院桜友会は、その活動のために取得、保有する個人情報の利用目的を明確にし、通知または公表するとともに、第三者への提供を含め、通知、公表した利用目的の範囲外の利用をすることなく、適正に取り扱います。

ただし、あらかじめ本人の同意を得た場合は、この限りではないものといたします。

2.学習院桜友会は、本人の意図しない個人情報の利用、提供を防止し、また、個人情報の最新、正確さを確保するために、本人からの申し出でを受け付ける窓口を明確にし、その申し出に適切な対応をします。

3.学習院桜友会は、関連法令、規則を遵守します。

4.学習院桜友会は、個人情報の機密性、完全性、可用性を維持するために、不正アクセス、紛失、漏洩、改ざんなどに対する適切な対策を講じ、それらの防止に努めます。

また、万一事故が発生した場合には、その状況に応じ、通知または公表を含む適切な処置を講じ、二次被害の防止と再発の防止に努めます。

学習院桜友会は、以上のことを実現するために「学習院桜友会個人情報保護規定」を定め、管理体制を確立するとともに実践し、また同規程を継続的に見直し、改善を図って行きます。

以 上