活動計画 -令和元年度 桜友会基本方針

   今年度は2年後の桜友会設立100周年(2021年)に向けて、引き続き記念事業の立案を行い、更に次の100年に向けての基盤作りの検討に着手する極めて大切な年度であります。
 
   私共は先人のご努力に感謝すると共に、桜友会の果たすべき3つの役割、つまり
「母校への物心両面の支援」「会員相互の親睦」「社会貢献」を再確認し、良き伝統を引き継ぐ為に何をするべきか、何を伝えて行くか、運営基盤・財務基盤を含め各活動の見直しを行って参ります。
   学習院は2027年に創立150周年を迎えます。この歴史と伝統ある学習院の価値を更に高める為に、卒業生として何をすべきかを、桜友会100周年の検討と同時にすすめていきたいと思っております。
永遠に続く同窓としての人と人との繋がり、組織としての学校と桜友会のより良い関係、責任分担を考える大きな機会であります。
   多くの課題に対し皆様方の積極的な参画を期待しています。
 
主要課題を下記に示します
 
1.桜友会設立100周年(2021年)記念事業の企画立案(規模・予算を含む)
   ・実行委員会による具体策を検討
   ・各委員会の問題点と課題の抽出 対策の検討
   ・運営スローガンの開発
 
2.学習院への支援強化策の企画、具体化 
   ・記念事業の検討、具体案着手 
   ・学習院創立150周年記念事業との連携
   ・募金委員会による母校支援
 
3.桜友会財源の積極的確保、運用、配分の見直し 
   ・各々の事業における費用対効果の最適化
   ・会費の徴収方法(他大学への進学者対策等)
 
4.事務局体制の見直し 
   ・事務局業務の合理化(委員会との業務分担)
 

以 上